Vol.1

2021.9.15

今号では、ソーシャルアートラボより「半農半アート」を基盤とした地域づくりの仕組み、シビックデザインラボよりジェンダー/LGBTsのデザインの2つのプロジェクトを紹介。現在作品募集中の「写真とことば」ジェンダーデザインコンテストについてのご案内もいたします。

(DIDI News Letterは、社会包摂デザイン・イニシアティブ(DIDI)内の研究活動を発信するニュースレターです。DIDIを構成するソーシャルアートラボ、シビックデザインラボ、デザインシンクタンクが取り組む各プロジェクトの研究や活動を、インタビュー/レポート記事にて届けていきます。)

Project:「半農半アート」を基盤とした地域づくりの仕組み【ソーシャルアートラボ】

(参考)2018年度「奥八女芸農学校」より

ソーシャルアートラボでは、2015年度の設立当初から活動事業の一つとして、福岡県八女市黒木町笠原地区(奥八女)にて認定NPO法人山村塾と協働したプロジェクトを行ってきました(詳細はこちら)。「これまで6年間やってきたことを、今後、DIDIの枠組みの中でさらに発展させる挑戦をしていきたい」と本プロジェクト担当教員の長津結一郎助教は話します。

「研究的に活動からモデルを生み出したり、活動を通じて提言につなげたり、具体的に大学のカリキュラムにつなげたりするなど、これまでの蓄積をふまえながら将来の着地点をつくっていくことを目標にしています」と長津助教。

同じく本プロジェクト担当教員の朝廣和夫准教授は、「これまでよりもさらに農とアートの関係性のリサーチを深め、他の事例を学んでいくことで、『半農半アート』の位置づけを考えていきたい」と話します。

「例えば、農業をしながらアートをやっている方もおられるし、アーティストが農業を始めたというケースもあるでしょう。また、地域のお祭りや芸能、工芸や民芸まで広く捉えるといろいろな事例が出てくるかもしれません。そのような視野の広がりの中で、『半農半アート』とはどういうものか、どういう広がりがあるか、どういう考えをもって取り組んでいる人たちがいるのか、そういう定義のようなものを活字化、言語化していればと思っています」。

(参考)2019年度「奥八女芸農学校」より
2019年8月28日未明に起こった豪雨災害の状況から、予定の作業を変更し、棚田の水路の復旧活動を行いました。

ソーシャルアートラボは2018年度より、3年間にわたって文化庁「大学における文化芸術推進事業」の助成を受けて、アートマネジメント人材育成を意識してのプログラムを構築してきました。

「今年度からはその括りがなくなるので、より本質的に『半農半アート』が示していることを、研究的な目線で捉えていこうというスタンスです」と長津助教。「この6年間で行ってきた実践の言語を、研究の言語として翻訳していけるのではという期待はありますし、そのような言語になった段階で、ソーシャルアートラボのほかのプロジェクトや、またシビックデザインラボのプロジェクトとの接点が見出せていければと思います」と、DIDI内での活動についての展望を語ってくれました。

(参考)2020年度「奥八女芸農学校」より
《八女茶山おどり》を体験する発表会の様子

朝廣准教授も「今回、DIDIとして枠組みが広がり、よりテーマの広がりというか、より新たな、違う側面からのアプローチが生まれてくるんではないでしょうか」と期待を寄せます。「それぞれ違った分野で活動しながら、その活動を共有していくことで、対話が生まれると思います。DIDIを形骸化させずに実質あるものとして育てていくために、DIDI内での対話、そして外部の皆さんとの対話をどう進めていくのかがさらに重要だなと思います」。

本プロジェクトでは、以下のような活動計画が立てられています。

○実践… 引き続き山村塾と協働し、奥八女芸農プロジェクトを実施します。山村塾が主体となり、ソーシャルアートラボは主にアート部分のアドバイスやサポートを行います。同時に同活動についての調査を行い、今後の活動に生かしていきます。

○研究… 学術研究員を配置し、他の「半農半アート」の事例の収集やインタビューを行い、全国の事例の類型化や、それに通じるモデル化を行っていきます。その研究成果を生かす形で、研究会やフォーラムも実施します。

○教育… 今年度は冬学期に臨時開設科目として学生向けの授業を行います。奥八女の現地を実際に訪れる体験型の授業を計画中です。

○執筆… 担当教員の朝廣和夫准教授と、東北学院大学の齊藤康則准教授の共同執筆により、災害が発生した後、農業ボランティアがどのように各地で活動をしているのか、また、今後その活動をどう仕組み化していけるかを活字化していきます。


Project:ジェンダー/LGBTsのデザイン【シビックデザインラボ】

「ジェンダー展 in 中央図書館」より

本プロジェクトでは、ジェンダー/LGBTsに関わるデザインの表現を通じて、様々な課題の意味合いを伝えていくことを目的にしています。「多くの場面でジェンダー/LGBTsは課題視されていますが、デザインする対象としてどうなのか、というのは私たちも含めてまだはっきりしていません」と本プロジェクト担当教員の尾方義人教授。「そのことについて、本プロジェクトで実践していきながら考えていきたいと思っています。こうあるべきだという啓蒙的にではなく、いろいろな表現を通じてジェンダー/LGBTsにおける様々な課題を伝えていければ」と話します。

具体的な取り組みとして、解決するデザインではなく表現するデザインとしての展覧会をいろいろな切り口で見せていくシリーズ展と、ジェンダー平等について考えるきっかけをつくるデザインコンテストが現在、進行中です。

●「ジェンダー展 in 中央図書館」

九州大学附属図書館との共催により、6月23日(水)〜 7月15日(木)に九州大学中央図書館(伊都キャンパス)にて、展覧会「ジェンダー展 in 中央図書館」を開催しました。

本展は、大橋キャンパスにて開催した2つの展覧会「ことばとジェンダー展」(2020年9月30日〜10月7日)と、「ファッションとジェンダー展」(2021年2月18日、19日、22日)をもとに、多数の関連書籍を加えて再編集したものです。「ことば」と「ファッション」をテーマにジェンダー表現された作品を通して、ふだん使われている言葉や身につけるものについてジェンダーの観点から見つめ直す、問い直すことを提案する形で展開されました。

3階エントランスでは「ファッション」がテーマの作品が展示されました。

3階エントランス展示風景
《解体》
何がレディースをレディースらしく、何がメンズをメンズらしくしているのだろう」(作品キャプションより)

本作では、部分的に解体した服によってその疑問を投げかけています。
《理想と現実》
「ショップなどでみかけるトルソーはいったい誰の形なのでしょうか。「あの形」は、理想の形。現実の私たちは、もっと多様だ。」(作品キャプションより)
《現代のコルセット》
拘束するものの象徴としてヒールやネクタイなどを展示。
《フェミニン・スペクトラム》
シンプルなTシャツに少しずつフリルを足していき、フリルと女性らしさの関係を検証。
本展担当教員の尾方教授、中村美亜准教授らの推薦による関連書籍も展示。これらの書籍は閲覧だけでなく貸出もされました。
《ジェンダーかるた》
上の句、下の句がセットのカルタ。「スイーツ」「男子」、「リケ」「ジョ」など、世間が「男子」「女子」に当てはめる言葉が綴られています。
《漢字とジェンダー》《役割語とジェンダー》
《鏡の国のジェンダー》《ことばとジェンダー》
ジェンダーにまつわる様々な言葉や文字を集めたインスタレーション作品です。

本展は芸術工学部の学生を中心に企画されました。「昨年9月に大橋キャンパスで最初の展示を行った際は、特に社会包摂がテーマというわけではありませんでしたが、振り返ってみると芸術工学部ではジェンダーの研究をしている先生や、ジェンダーに興味をもっている学生はもともと多かったように感じます」と尾方教授。「最初の展覧会でも、いわゆる建築でも工業製品でもグラフィックでもない展覧会にどれほど学生が興味をもつかなと思っていたんですが、準備段階からやりたいという学生が増えていき、なるほど、ジェンダーが研究デザインの対象となる土壌はすでにあったんだなと感じたのを覚えています」と話します。ジェンダー/LGBTsのデザインとして手応えを感じた2つの展覧会を組み合わせて再構築し、また場所も中央図書館に変えて展示した本展は、さらに多くの学生や教授に興味をもってもらえる機会となりました。

本プロジェクトではシリーズ展として今後、「色とジェンダー」をテーマとする展覧会も行う予定です。どうぞ、お楽しみに。

●「写真とことば」ジェンダーデザインコンテスト

本プロジェクトでは、福岡市男女共同参画センター・アミカスと連携して、学生を含めた一般公募による「写真とことば」ジェンダーデザインコンテストを開催します(詳細はこちら)。

前述の「ジェンダー展 in 中央図書館」で反響を得たことをふまえ、さらにパイを大きく、かつハードルを下げた形でジェンダーデザインを広げる方法として、本コンテストは企画されました。

企画当初はポスター展という案も出たそうですが、ポスターでの表現にするとスキルのハードルが上がってしまいます。浅く広く、多くの人に興味をもって参加してもらえるよう『写真』と『言葉』で表現してもらうという形にしたといいます。

また、イベントやお祭り的な一過性のものではなく、応募者には前段階で授業を受けてもらう、終了後も福岡市との関係をつなげていくなど、長期的なことも視野に入れられています。また、複数の視点や幅広い気づきをもってもらいたいと応募点数の制限を設けてなく、1人何点でも応募することができます。

応募締め切りは9月30日(木)です。1次審査を経て、11月3日(水・祝)に公開審査を行い受賞者が決定されます。応募作品は、福岡市男女共同参画センター・アミカスでの展示を予定しています(詳細はHPにてお知らせします)。ふるってご応募ください。


【予告】 ご愛読ありがとうございます。第2号は、11月発行の予定です。お楽しみに!